マラソンはかえって体に悪い、というニュース記事を読んで思うこと。

健康のために運動がいいと良く言いますが、マラソンはかえって健康を害する恐れのあることが分かったというニュースが話題になっています。
マラソンに限らず、激しい運動を常に行うスポーツ選手は一般の人に比べて寿命が短いなどとよく言われますが、体に過度に負担をかけることはやはりよくないのかなと思いました。

002

かといってどのくらいが体の健康を保つ適切な運動量なのかはまだ議論の分かれるところだと思いますが、何事も頑張りすぎは良くないということのようです。
以前、マラソンを続けたことでこんなに健康効果があった!という某スポーツ雑誌の特集を読んだことがあります。
その特集に登場してきた方はいずれも運動習慣はなく、中年になり仕事が落ち着いてきて時間が取れたことからマラソンを始めたらしいのですが、何でもそれまで高かった血圧が落ち着いたとか、不眠症が治ったとか、なぜか視力まで良くなったとか、信じがたいほどの健康効果が次々に報告されていました。
もちろんそのすべてが疑わしいとは言いませんし、実際その効果はあったのだと思いますが、一時的に健康になっても長い目で見るとマラソンは体にはあまりよくないのだと考えた方が良さそうです。
これをすれば健康にいい、とかつて信じられていたことで、今は下火になっているものはいくらでもあります。
昔、運動部では、運動中に水を飲むと体によくないから控えるべきだとか、階段をうさぎ跳びすることがいいとか信じられていたようですが、今ではそれらを実践している運動部はまずないと言います。
健康法に関する常識は、本当に日々変化するものです。
これさえしていれば大丈夫!とあまり頑なにならずに、何事もほどほどに、いい加減に構えているくらいでいいのかな、と思いました。

おすすめのサイトはこちら
http://www.whyweleftbrooklyn.com

梅をみながらうどんを食す

先週、桜がちょっとだけ早いということで、梅を見に行ってきました。
その日は梅まつりの日。屋台も並び、多くの人がいたのですが、私たちのお昼は、以前から決めていた「あんず食堂」へ。
梅なのにあんず?という名前はともかく、知り合いがやっている期間限定の食堂なのです。
期間限定という事もあり、メニューも少なめなのですが、手打ちそばとうどんを主に提供しています。
そして、私はおしぼりうどんとおにかけを注文。
「おにかけ」とはソーメンでした。これ、地域によってはそばの場合もあるみたいなのですが、ここではソーメンです。
おしぼりうどんは辛い!とにかく、大根おろしが効いていて辛いですね。
やはり味噌を溶かないと食べられない。味噌を追加してる人いましたが、それだとしょっぱくなるのでは?と思いながら、辛さを堪能しました。
また、郷土料理のおやきも販売してたので一緒に購入。野沢菜のおやきをいただきました。
簡易的な施設での料理の提供ですので、そんなにこだわった料理がある訳ではありません。
しかし、地域の独特の味を提供するお店という感じで多くのお客さんが満足そうに食べていました。
また、来年も是非来たいと思いながら、満足の一日でした。

経験もしたことないのにわかるはずないでしょ!

都会から田舎に来て数年…。
本当にこんなに自然ばかりの風景の中にいると頭が痛くなってくる。

TVをつければ『田舎暮らしの魅力』的な夢物語のような番組が流れているのを目にすることがある。
いったい何考えてるんだ、と思わず叫びたくなる。

田舎暮らしを夢見るのは大抵が男の人。
やっぱり現実逃避したいからなんだろうなぁ、と思ってしまう。
それに比べて女性はいたって冷静かつ慎重だと思う。
ずばり現実主義派だということよ。

男はいつまでたっても男の子のまま。
ほんと女性は疲れるよ。

外から来たからこそわかるこの感覚。
経験したことがない人にはわかってもらえないだろうなぁ。

とりわけひどいのが田舎の女。
若い人から年寄りまで、まるで自分が他人の状況を理解しているかのようにアドバイスしてくる人。
田舎から出たこともないのに、海外にも行ったことがないのに、何がわかるんだかさっぱり訳わかんない。
何をアドバイスされても説得力に欠けすぎ。

なんでもそうだと思うけど、やっぱり自分と似通った経験した人じゃないと心には何も響かないんだよ。
人にアドバイスする前に、まずあなたが都会に出てみたらいいよ。
まったく違う環境にね。

まぁ、臆病な人が多いからそんなことはできないのもわかっているけどね。

だったらお願いだから黙っててくれ。
余計なおせっかいはありがた迷惑だと早く気付けよ。

PTA役員

先日、新学期が始まりました。今年度のPTA役員決めが初めの保護者会で行われます。6年生と、4年生の母親の私のノルマは、全4回のうちあと2回。わが学校では、1人につき、2回PTAをやってください。ということなので、2人子供がいる私は、4回!!!。 あくまでも任意ですっていうのに、保護者会で1回もしくは0回の人の名前を呼ばれる。何が任意?!強制ですよ!強制!子供を人質にとられているような気持ちです。
今の世の中、共働きの家庭が多いのに、PTA役員は、かなり時間を割いてやらなければいけない役員です。働いていると(私もそうですが)働いていたいお母様方に迷惑をかけてしまうのではないかと、何かと躊躇してしまうこともあります。でも、何とか迷惑が掛からないような期間限定の役員に手を挙げても、やはり同じ考え方の皆様が多く、2名の枠に5~6名の方が手を上げます。
毎年この時期にPTAの役割、異議など、ネットニュースなんかでもみます。根本的なPTA体質を見直さなければいけない時期なんだと思います。しかしながら、その見直しに対して誰がやるか。今までの体質を変えていくというのは、とてもエネルギーのいることです。なかなか並大抵のことではできない気がします。
PTA役員っていったい何なのでしょう。もう少し気楽誰でも携われるものになっていけば、もっともっと協力してくれる人も増えるのではないでしょうか

いつまでもぼっちな私

息子が幼稚園で年長に進級しました。

去年仲良くなったママとは残念ながら違うクラスに離れ離れ。
もともとコミュニケーション能力が低い私。

今年もママ友ができない予感がします。

本当に毎日の送り迎えが辛い。
バスなしがモットーの子の幼稚園。
専業主婦も多いのか、朝の園庭は世間話をするママでいっぱい。

勇気を持って挨拶するものの
笑顔でスルー。
他の仲良しママを見つけてペチャクチャおしゃべり。

息子をクラスまで見届け、早々に自転車にまたがり退散。

疲れる。
本当に。

みんなどこで仲良くなっているんだろう。
どうしたら楽しく世間話できる仲になるの。
ていうか、何をそんなに話しているのさ。

世間話もできないから、幼稚園の情報にも疎い。
唯一の情報は先生からの連絡だけ。

子供も子供で全然幼稚園の話しをしてこないから
どんな子と仲良くしているのか、わからない。

お迎えの時も同じ。

話すママがいないから
子供が園庭で遊んでいる時間が辛い。

スマホいじっているのも、なんだか感じ悪いし
かと言って話す相手もいない。
ただひたすら、じっと子供を目で追いかけるだけ。

寂しい、辛い。
自分だけコミュニケーション能力が低いんじゃないかと思う。
自分だけ、本当に自分だけ。

早く幼稚園終わらないかな。

こんなことなら仕事辞めないで、保育園にすればよかった。

時間がないときの煮込み料理に最適!ルクルーゼのお鍋に助けられています。

先日、家にビーフシチューソースの缶詰があるのを発見し、ふと煮込んだお肉が食べたいなと思いました。
近所に質の良いお肉を扱うスーパーがあるので、早速牛肉の塊を購入し、お鍋で煮込むことにしました。
私はいつも牛肉が箸でつつくとホロホロにこぼれるまで煮込むのが好きで、そういう状態を目指して長時間煮込んでみたのですが、・・・いっこうにお肉が柔らかくなる気配がありません。
あれ、おかしいな、と思いつつもさらにお水を足したりして煮込み続けたのですが、状態はあまり変わりませんでした。
煮込む時間だけでなく、お肉の状態によっても柔らかくなるかどうかが分かれますが、どうやら硬めのお肉を買ってしまったようです。
このままじゃ柔らかくなるのにどれだけかかるかわからない、どうしよう、と思い始めたとき、ふと我が家にあるルクルーゼのお鍋を思い出しました。
もしかしてこれなら、と思い立ち、材料を全てそちらのお鍋に移し替えて煮込むこと数十分、ついにお肉が目標の柔らかさに達しました!
それまでに混んでいたお鍋が悪いというのではありませんが、ルクルーゼのお鍋は特に熱の伝わりがよく、煮込み料理に適しているようです。
帰宅してきた主人が、出来上がったビーフシチューを食べて「すごくよくお肉が煮込んであるね。おいしいよ」と褒めてくれました。
ルクルーゼのお鍋に移し替えるまで悪戦苦闘していたことは言いませんでした。
あの時ルクルーゼを思い出してよかったです。
そして、主人の帰宅に間に合うように理想のビーフシチューが作れてよかったです。
これからもいざという時には頼むぞ!ルクルーゼ!と改めてお鍋に感謝しました。

急に悪天候になった日

休日でとても天気が良くて気温も23度ぐらいあってお洗濯日和だったので沢山洗濯して庭に干していたのですが昼にご飯を食べてから暫くすると、段々と空模様が怪しくなって雨雲らしい黒々とした雲が出て来て直ぐに干していた洗濯物を部屋の中に入れて乾いている物は畳んで直しまだ少し湿っている物を部屋干しにして子供が洗って干していた上履きも部屋に入れ少ししたらポツポツと雨が振り出しあっという間に本降りに強い雨と風も出て来て急な悪天候で雹まで降って来ました。お友達の家に遊びに行っていた子が濡れて帰って来て風邪を引かないようにタオルで拭いて着替えをさせました。また洗濯物が増えたなぁと内心思った。夕方になっても降ったり止んだり気圧の谷の影響で大荒れ状態に夜にテレビ番組を見ていても緊急速報で竜巻に注意が流れたりと激しい風と雨や雹が窓や壁に打ち付けてくる音が少し怖いなぁと感じました。翌日は嘘の様な好天に驚きました。強い風が吹いていたので庭にある鉢植えや物が飛んで無いか確認した所我が家は大丈夫でした。他県では突風の影響で屋根の瓦や物置などが壊れたりしたのをニュースで知って本当に凄く荒れた天気だったなぁと思った。朝から良いお天気だと思っていたのに春の嵐とは言うものの自然の力は本当に怖いなぁと感じる一日でした。

愛犬のお世話

春の陽気で暖かい日だったので毛が生え変わり始めている我が家の愛犬のブラシングをしました。小型犬(チワワ)なので部屋で飼っています。短毛種なので時々玄関先でブラシングをしたりしているけれど普段は仕事や忙しさを理由に手を抜いている事が多いです。丁度この時期は冬毛から夏毛に変わる頃で良く毛が抜けて部屋の掃除がとても大変になります。休日で晴れて暖かいのでお庭でブラシングをする事にしました。ブラシングをすると、ゴッソリと抜け毛が取れて気持ちが良いほどです。今日は天気も良いし穏やか日だったので普段は余りキレイに出来ない掃除を使用と思い愛犬が寝るケージが置いてある部屋の窓を開けてケージと部屋の掃除をしました。掃除の間は邪魔になるので愛犬は庭でのんびり気持ち良さそうにしているのを羨ましいなぁと思いながら横目に見てケージと部屋を綺麗に掃除しました。綺麗になると気持ちも良いし嬉しくなった。この日は掃除に夢中になって時間が過ぎるのが早く感じました。夕方に近所を散歩し夕食作り休みの日なのに今日は疲れたなぁと言う一言。次お天気が良い日は冬物衣料の片付けたり普段手の届かない所の片付けを仕様と思いました。疲れはしたが気分が良い一日でした。

自分の運を信じて

私は3年ほど前から株式投資をしています。株式投資は購入する銘柄の調査を綿密に行い、買い売りのタイミングをみて取引しますが、そんな基本的なことは誰もが理解しているはずです。理解しているはずですが、タイトルの通り、運を信じてしまうのが人間と言うものではないでしょうか。昨今の経済情報を深く理解し、情報を収集すればするほど、その情報に踊らされてしまう。結局運なのではないかと毎回思ってしまいます。本日は購入している銘柄が大幅に上昇していますが、私は信用売りという方法での取引をしているため、逆に大幅な赤となっています。取引時にぎゃくの手続きをとっていれば、大幅な利益となりますが今回は自分の選択を反省する結果となってしまいました。毎回損が出ては反省会をしていますが、一向に取引はうまくいきません。こういった状態は投資ではなくギャンブルといった表現の方が正解でしょうか…ギャンブルといえばパチンコや競馬が主流となっていますが、果たして、ギャンブルだけで生計たてられているかたは日本にどれくらいいるでしょうか。株式投資では、個人投資家というカテゴリーで生計をたてられている方が多く存在しています。ギャンブラーよりは可能性高いのではないでしょうか。私も頑張りたいと思ってます。

味噌仕込みで国際交流

先日の事、味噌仕込み体験をやってきました。
毎年この時期にグループで企画して行っているのですが、今年は昨年のメンバーに加えて、アメリカからの留学生の訪問もあり、国際色豊かな?味噌仕込み会となりました。
英語って、これだけ勉強してきたのに、なかなか話せないもどかしさが有りつつも、楽しい会がスタートしました
留学生は20歳くらいの4人。いずれも日本は複数回来ていて、今回は日本の文化の味噌の体験をしたいという事で参加したそうです。
材料となる大豆は1月頃に手配をしていただき、麹は近くのお店で作ってもらったものを使用しました。
いろいろな工程があるのですが、よく混ぜ合わせ、お団子にした味噌玉。この味噌玉を自分から遠い所へ投げ合い、よくシャッフルします。で、また崩して、混ぜて、丸めて、投げる。
これを何回か行って完成。
一見楽しそうなのですが、腰を入れて練り、味噌玉を作るのがミソなので、これが結構大変なのです。腹筋、腕の筋肉しっかり使い、案の定翌日は筋肉痛になりました。
そして出来上がりの味噌玉を味噌蔵にて保管。夏まで静かに寝かせます。
どんな美味しい味噌が出来るのか期待して待つことにします。
留学生の人たちは、その味噌を食べる事が出来ないので、事前に作ってあった味噌をお土産に渡しました。
ちょっとした日本文化を通しての国際交流は楽しい時間となりました。