自分の運を信じて

私は3年ほど前から株式投資をしています。株式投資は購入する銘柄の調査を綿密に行い、買い売りのタイミングをみて取引しますが、そんな基本的なことは誰もが理解しているはずです。理解しているはずですが、タイトルの通り、運を信じてしまうのが人間と言うものではないでしょうか。昨今の経済情報を深く理解し、情報を収集すればするほど、その情報に踊らされてしまう。結局運なのではないかと毎回思ってしまいます。本日は購入している銘柄が大幅に上昇していますが、私は信用売りという方法での取引をしているため、逆に大幅な赤となっています。取引時にぎゃくの手続きをとっていれば、大幅な利益となりますが今回は自分の選択を反省する結果となってしまいました。毎回損が出ては反省会をしていますが、一向に取引はうまくいきません。こういった状態は投資ではなくギャンブルといった表現の方が正解でしょうか…ギャンブルといえばパチンコや競馬が主流となっていますが、果たして、ギャンブルだけで生計たてられているかたは日本にどれくらいいるでしょうか。株式投資では、個人投資家というカテゴリーで生計をたてられている方が多く存在しています。ギャンブラーよりは可能性高いのではないでしょうか。私も頑張りたいと思ってます。